Sponsored Link


ふなっしー@台湾のイベント様子まとめました♪

ふなっしーファンクラブ(非公認の)ふなこです

 

今日は「台北國際動漫節」
台北国際コミック・アニメフェスティバル
での、ふなっしーの様子です♪

「台北國際動漫節」とは、
漫画・アニメ専門の展示会のようなもので

日本の有名漫画家さんも出席してる
イベントだそう。

そこに
(なぜか?)
ふなっしーが呼ばれたようです♪

以前から、ふなっしーが話をしていた

今年の抱負である

「海外出荷」!!

 

ロンドンに次いで

第二弾の台湾のイベント♪

 

・台湾第1日目は

あの「ふいた」女子アナさんとご対面♪

動画は、こちらから見てください♪

・台湾第2日目は

本番であるイベントに登場!

 

アウェーにもかかわらず

ぶっ飛ばしているようで、

ファンとしても嬉しい限り!

 

台湾で情報がなかなか無い中
まとめてみました♪

日本のマスコミさん、
お願いだから
もっと取り上げてほしいです ♪

順次いい写真あれば、追加していく予定です
(*´∀`*)

 

動画も、今回てんこ盛りです(≧∇≦)

一部、
台湾の梨友さんに教えてもらいました♪

いつもの通り、

動画は 2014年2月ふなっしースケジュール
の、下の方から見てくださいませ

 

それでは、行ってみよー!!

 

Sponsord Link

まずは、ふなっしーからの発表!

 

 

 

 

お約束の写真(*´∀`*) ジョイプーさんお茶目さん♪  


台湾到着後、さっそく行動開始!

 

 

  1日目無事終了しましたー  みんなの反応や報道の様子です

 

 

クリックすると女子アナ(劉)さんのFACEBOOK見れます♪  


この写真、女子アナ(劉)さんのFACEBOOKにアップされてました♪

 

 

 

ふなっしー台湾イベント
画面クリックするとサイト見れます♪

ふなっしー台湾イベント
画面クリックするとサイト見れます♪

ここからはいよいよ、
本番の2日目です

 

 

 

日本から行ってらっしゃる方も♪


この方、台湾のふなっしーファンで
動画を教えてもらえました♪

 

 

 


ふなっしーの語学能力が 非常に高いということが判明!!

 

どうやら、ふなっしー
3年ほど中国語勉強してたよう
忙しい中、モチベーション高すぎ!!
ますます、惚れなおすなっしー♡

ちなみに
・吉祥物=キャラクター
・爆紅=人気に火がつく、らしいです

中国語勉強しとけばよかった・・(;・∀・)

ふなっしー台湾イベント

画面クリックするとサイトへ行きます♪

ふなっしー台湾イベント

画面クリックするとサイト見れます♪

ふなっしー台湾イベント

画面クリックするとサイト見れます♪

 


どうやら、3日目もまだ台湾にいるよう

みんなお天気心配してます・・


月曜の「いいとも」に間に合えばいいのかな?(笑)


記念にサインしてきたようです♪
 


日テレさんのやつ?配ったんですね♪


本物??

こんな感想もありました

そっか、やっぱり!

その道の人から見ても すごいってことなっしねー♪

 

イベントが終了し 動画がアップされてます♪

2014年2月スケジュールに動画載せてますので見てください。

 

ふなっしーにまつわる いいエピソードを1つご紹介


というツイートが流れてるなとは思ってたんですが

 

どうやら無事渡せたようです♪

そう思って、
イベントの動画や写真見返してみると
付けてる、付けてるヽ(=´▽`=)ノ

なんか、今日も幸せもらっちゃいました
(*^^)v

 

日本での、報道は今のところ、これだけ♪

記事:ふなっしー台湾に上陸! 現地の反応は?/台湾

ふなっしーが台湾に上陸。
2月6日、台湾・台北で行われた漫画・アニメイベント
『2014台北國際動漫節』に出演した。
あの独特のキャラクターは
中華圏においても異色に映るようで、
地元のファンやメディアから好感を得たふなっしー
昨年9月のロンドン訪問に続く2度目の“海外遠征”だが、
今後も活躍の場を世界に広げていくという。

■“鳴り物入り”だったふなっしー 訪台前から話題に

もともと、台湾では日本発のキャラクターの人気が高い。
熊本のご当地キャラ「くまモン」は、
昨年だけで9月、10月、11月と3回台湾を訪れたほか、
専用のグッズショップも期間限定でオープンしている。
ほかにも、サンエックスのキャラクター「リラックマ」は
昨年4月、セブンイレブンで行われた“リラックスグッズ”の
プレゼントキャンペーンでは、
品薄となり数ヶ月待ちになるほどの人気だった。

一方、ふなっしーは『船梨精(チュアンリージン)』と呼ばれ、
ネットを中心にカルト的な反響を呼んでいる

昨年12月11日には、台湾の衛星テレビ局
『中天テレビ』の女性アナウンサーが
ふなっしーのニュースを紹介していた際、
あまりの奇抜な挙動に笑い出し、
原稿を読めなくなるという“事件”も。
この動画はWebで公開され、その後SNSなどで拡散し、
日本のネットユーザーの間でも話題となった。

さらに、ふなっしーが2月2日、
自身の古い着ぐるみを洗う動画もWebで公開され、
台湾のメディアにも紹介されていた。
上陸前の話題性は上々のようだが、実際の反応はどうだったのか。

■アイドルイベントばりの盛り上がり

用意された会場に約400人のファンが集まり、
場内は熱気があふれていた。
その、ほぼ全員が10代、20代の若い女性だ。
手作りのうちわや応援メッセージを書いたボードを掲げるなど、
アイドルのイベントさながらの光景も。

登場直前にふなっしーのパネルが置かれると、
黄色い歓声が上がっていた。
司会者の呼びかけで「ふなっしーコール」が始まると、
ステージにふなっしーが登場し、
会場の興奮は最高潮に。

■地元メディアを驚かせた語学力 本格的な海外進出も視野

ふなっしーが中国語で、
東日本大震災での募金についてお礼を言うと、
日本語で「がんばってー!」と声援が飛び、
「我愛台湾!(台湾大好き!)」と言えば大きな歓声が応えた。

じゃんけん大会では、ステージに上がった女性たちから
抱きつかれる一幕もあり、30分間のイベントは大盛況だった。

ファンや地元メディアを驚かせたのは、ふなっしーの語学力だ。
自己紹介はもちろん、司会者の質問にもなるべく
中国語で答えようとしていた。

イベント後、取材に応じたふなっしーは、
「勉強したなっしー」と回答。
さらに、「日本のテレビのドッキリ企画が、
台湾でも紹介されていたのをYoutubeで見て、
台湾に行きたいなと思ったなっしー
とかねてから台湾に関心を示していた。

昨年9月にもロンドンを訪れるなど、
活動の場を海外にも広げつつあるふなっしー。
まだ“海外戦略”についての詳細はまだ明かせないそうだが、
今後も積極的に海外でのコラボ活動を企画しているという。

TOMOニュースさんは、台湾のネット関連の会社で
youtubeでの
日本語訳つきの唯一のインタビューも
ここの会社だけがアップしてくれてます。

ありがとうございます゚+.(◕ฺ ω◕ฺ )゚+.

できれば、ですが、
もっとTOMOニュースさん
もっとアップしてーーーー(笑)


追記:新しい記事出てきました♪

ふなっしーが台湾に!流暢な中国語も披露、「梨汁ブシャー」にファン大喜び―台湾メディア

「船梨精」と呼ばれ、台湾でも大人気のふなっしー。
流暢な中国語であいさつし、訪れた大勢のファンを驚かせた。

「悪臭」疑惑が取り沙汰される中、
このほど洗剤メーカーとのコラボでYoutubeに
新たに製作された「2号」がすっかり使い古された
「1号」を洗っている動画をアップ、汚名返上をはかっている。

記事によると、ふなっしーはイベント会場で「超流暢」で
「正しい」中国語であいさつしたほか、
相変わらずの激しい動きでお約束の
「梨汁ブシャー」やテーマソング「ふな ふな ふなっしー♪」も披露、
会場中から歓声が沸き起こった。
韓国、日本、香港からわざわざやって来たファンもおり
会場は熱気であふれ返っていた。

東日本大震災の時の多大な支援に感謝の意を
表したふなっしー。
大好きな台湾に「また来るなっしー!」と約束した。

2月27日:追記

記事:多才すぎる!! 人気キャラ「ふなっしー」の中国語がかなり上手だと台湾で話題に / 台湾ネットの声「うますぎてビビった!」

・中国語を話すふなっしー
たとえば、台湾人司会者に中国語で、
「ふなっしーは本名じゃないんだよね?」、
「今年で何歳ですか?」など質問を受けた際も、
「フナディウス4世です」、
「今年で1875歳」とサラリと回答。

また、東日本大震災のときの台湾からの支援に
お礼を言う場面も見受けられる。
これらのやりとりはもちろん全て中国語だ!

・中国語は3年間勉強したらしい
それにしても、ふなっしーの中国語は
一朝一夕で暗記したようなものじゃないぞ! 
実は、ふなっしーは中国の文化や歴史が好きで、
中国語を勉強していたのだという。
学習歴は3年あるのだとか。

また、日本ではCDデビューを果たしているが、
可能なら中国語でも歌いたいとのことである。
この台湾での人気ぶりなら中国語のCDデビューも
夢ではないかも!? 

ちなみに、ゆるキャラは中国語で「吉祥物(じーしゃんうー)」。
ふなっしーは「船梨精(ちゅあんりーじん)」である。
日本超人気吉祥物 “船梨精”、覚えておこう!


Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ