Sponsored Link


ふなっしーイベント11/15帯広競馬場まとめ

ふなっしーファンクラブ(非公認の)

ふなこです

 

さこっしーが荷造りをしだし

何が起こるのか、みんなソワソワし始め

 

情報の早い梨友さんのツイッターに書かれた

「北海道で、ふなのみくす杯の予定」

 

おーーー、これは、いい予感しかしません♩

 

北海道の帯広競馬場で行われる

その「ふなのみくす杯」イベントの様子を

まとめていきます

よかったら、見てください♪

 

Sponsord Link

 

11月15日(日)帯広競馬場に、千葉県船橋市非公認のご当地キャラで、港町産まれの梨の妖精「ふなっしー 」が、来年1月27日発売のDVD「ふなのみくす3 ~ナッシーバカンス北海道篇~」の撮影のため来場します。
ふなっしーや、リッキー(ばんえい十勝キャラクター)、しばれくん(陸別町)、パオくん(幕別町)ら5体が、ばんえい競馬の模擬レースに挑戦します。
その他、ばんえい競馬第3レース『ふなっしー「ふなのみくす3」杯』の表彰式プレゼンターや、スタジオ出演(15:25頃)を行い、ばんえい競馬を楽しみます。
なお、この様子は、来年1月27日発売「ふなのみくす3 〜ナッシーバカンス北海道篇〜」に収録されます。
模擬レース、協賛レース表彰式は、一般の方にも公開いたします。

1. ふなっしー模擬レース『ばんえい競馬ご当地キャラカップ』
日時: 2015年11月15日(日)13:35発走予定
   騎乗キャラ: ふなっしー
   リッキー(ばんえい十勝 キャラクター)
   パオくん(幕別町キャラクター)
   しばれくん(陸別町キャラクター)
   ヒジカタ君(工房アルティスタキャラクター)

その他、キャラクター てれびとうさん、じんくんも来場します!

2. ふなっしー 協賛レース『ふなっしー「ふなのみくす3」杯』
日時: 2015年11月15日(日)第3レース 15:55発走
    表彰式 16:10頃

出演予定のさっぽろテレビ塔の非公式キャラクター

ジンくんもご出演♩

あらー、みやびさんも現地に!!

でも、あいにくのお天気なしな・・

手が、ブラブラでかわゆすなぁ♩

ふなっしーも買ったようで(^ ^)

本当にち、近い!!

このポスターほしい♩

そして、待望のテレビ中継も始まり・・

激しく、荒ぶるふなっしー

1974 = 行くなっしー

解説者の方、なかなか( ̄▽ ̄)

ふ「ものすごい馬がパワフルだと思ったなっしー

ラオウ《北斗の拳 ケンシロウの兄》の馬とは??
こんな感じの馬らしいです( ̄▽ ̄)

結果は・・

2・7・8 惜しい!!

そうか、、
それも、惜しい!!

レースどころじゃないないなしー(^^;;

こらっ!クソまずい、て・・ (^^;;

あっ!ほんとだ、美味しそう♩

「ふなっしー」が15日、北海道帯広市の帯広競馬場を訪れ、競走馬が騎手とおもりを載せたそりを引いて速さを競う世界唯一の「ばんえい競馬」を体験した。

 来年1月に発売予定のふなっしーのDVD「北海道編」撮影の一環。騎手と一緒にそりに乗り込み、5頭による模擬レースに挑戦。雨にもかかわらず、大勢の家族連れがコース脇から声援を送った。

 ゲートが開いて馬が力強くダッシュすると振り落とされそうになったが、踏ん張って二つの障害を越え、見事「1位」で完走。「ありがとなっしー」とおなじみのジャンプでファンらに応えた。

ふなっしーなどがお目見えした「ばんえい競馬ご当地キャラカップ」が15日、帯広競馬場で行われ、5体が模擬レースに参戦した。

 ふなっしーは、来年発売のDVD撮影のため来訪した。「バカンス」で北海道を訪れ、ばんえい競馬を体験したという設定。

 雨の中、ふなっしー、ばんえい競馬のリッキー、幕別町のパオくん、陸別町のしばれ君、函館ゆかりのヒジカタ君が騎手とともにそりに乗りレースに挑戦した。ファンの応援を受けた、ふなっしー組が圧倒的な強さをみせ、1位でゴールした。札幌市から来た主婦大下典子さん(55)は、ふなっしーの垂れ幕を手に応援。「雨の中よく頑張った」とねぎらっていた。

 ふなっしーはこの後、馬券を買い、自身の冠レースの表彰式でプレゼンターを務めるなど、ばんえい競馬を満喫していた。

いいお天気( ̄▽ ̄)

「船橋発日本を元気に!」を合言葉に、今年も国内外を元気に飛び回ったご当地キャラ・ふなっしー。全国の景気回復を祈願して発表されたDVD『ふなのみくす』第一弾が千葉県船橋市で、第二弾は沖縄県でロケを行い、「訪れてみたい」「食べてみたい」「遊んでみたい」と旅心をくすぐる内容となっている。そして第三弾(2016年1月発売予定)のロケ地は北海道だ。

実は記者、今年5月に行われた札幌でふなっしー初の単独トークショーにて「今度は北海道でどうですか?」と提案していた。この時は世界でも有数の雪質で知られるニセコのパウダースノーで、華麗にスキーを滑るふなっしーの姿が、冬の北海道を大いにアピールできると想像した。しかし今回、ふなっしーが訪れたのは、道東の十勝地方。乳製品や食肉、小豆製品などでは「十勝産」がブランド化しており、スイーツや帯広の豚丼は全国的にも有名になっている。また自然のアクテビティや温泉も楽しめるところから、最近は国内だけでなくアジアからの観光客も増えているのだ。

ふなっしーは11月13日の『ふなっしー(funassyi)ツイッター』から、道東滞在中のつぶやきが始まっている。熱気球フリーフライト体験や豚丼を堪能、そして15日には世界でたったひとつのばんえい競馬にふなっしーが登場した。

朝から冷たい雨が降り続いた帯広競馬場。この日は最高気温が10℃にも届かなかったので、暑いより寒い方が得意だというふなっしーも身体が冷えたことだろう。それでも当日はふなっしーが模擬レース『ばんえい競馬ご当地キャラカップ』に出場するとあって、子供連れの家族もたくさん入場していた。マスコットキャラクターの天敵である雨は、レース開始の13時35分を過ぎても止むことはなかった。しかし走路に現れたふなっしーは、いつもと同じように元気いっぱいに飛び跳ねたりポーズをとったり。ただ一つ違うところは、口から下はビニール袋がきっちりと巻かれていた。

帯広競馬場は屋根のついた正面スタンドより前に、「エキサイティングゾーン」と呼ばれる間近でレースを観戦できるスペースが設けられている。ここに雨に濡れながらも立っている人たちの多くは、ふなっしーの登場を楽しみに待ち続けていた。模擬レースでは騎乗したふなっしーが、北海道のマスコットキャラクターらと対決。ふなっしーは「エキサイティングゾーン」に最も近いレーンを1位で通過し、ちびっ子らを大いに喜ばせていた。目の前を通りすぎて行ったふなっしーの後頭部から背中にかけて汚れが目立つのは、この数日間野外ロケで奮闘している証だろう。
(TechinsightJapan編集部 みやび)

 

 


Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ