Sponsored Link


10月7日のふなっしーニュース(LAND11/19リニューアルオープン♩)

ふなっしーファンクラブ(非公認の)

ふなこです

 

日々流れ行く

今日のふなっしー関連の

ツイッター情報を

 

リアルタイムで出来るだけ早く、

皆さんにお伝えします。

 

ふなっしーの面白い画像や、

ふなっしーの可愛い画像やイラストなど

ランダムに掲載していきたいと思います

 
よかったら、見てください♪

 

Sponsord Link

 

イベント無事終了しました♩

イベントでは、こんな発表もありました♩

イベント途中までの様子は、こちらにまとめてあります

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<場所>

ららぽーとTOKYO-BAY
北館「子供の広場」(キッズゾーン)

<リニューアルオープン日>

2015年11月19日(木)
(今の店舗は11月15日(日)までの営業になります)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

LANDさんからも、正式発表♩

改めまして、おめめとーなっしー

*・゜゚。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:

(略)

囲み取材では「本当にみなさま、ありがとうございますだなっしー!」と感謝することしきりだ。

 カレンダーの中でお気に入りは「QVCマリンフィールドで撮った写真だなっしー! 打率2割7分4厘(274=ふなっしー)ぐらい打つだなっしー!」と、いつも以上に高いテンションでアピールした。

 カレンダーといえば、元テニス選手でスポーツキャスターの松岡修造氏(47)の日めくりカレンダーが100万部の大ヒット。ふなっしーは過去にもカレンダーを出版したそうだが「2万部売れたそうなっし。松岡さんと同じぐらい売れるといいなっしー!」と皮算用した。

 最近、芸能界では結婚ラッシュ。結婚の予定を聞かれると「ふなっしーは結婚しないだなっしー! 新しい芽が出て、新しい梨(ふなっしー)ができるだなっし。気になる女優さんだなっしか? ロケでご一緒した神田沙也加さんがすてきだなっし」と声を上ずらせた。

大人気の「ふなっしー」が7日、地元・船橋でカレンダーの発売イベントに登場し、松岡修造さん(47)に挑戦状。
ふなっしーは午後1時すぎ、「(松岡修造さんのカレンダーご存じですか?)あ〜、知ってましたよ! メチャメチャ売れましたなっしーな。驚異、驚異というか、まぁ…」と話した。
これまでに100万部を売り上げ、「キング・オブ・カレンダー」となった松岡修造格言カレンダー「ほめくり、修造!」を前にして、ふなっしーから、思わず飛び出た意外な事実。
ふなっしーは「(何か『格言』みたいな、ふなっしーの言葉は入るのか?)あっ、入ってる入ってる! たぶんコレ(修造カレンダー)を意識したと思うなっしよ」と話した。
売り上げ絶好調の松岡修造格言カレンダーをライバル視する、ふなっしー。
2つのカレンダーを比べてみると、修造カレンダーの場合、「心の本気ビーム、発射!」、「『叱る』の中に、『期待』がある」、そして、ふなっしーの「2016年ふなっしーカレンダー」の写真の下を見ると、「幸も不幸も自分の心が決めるなっしー!」、「道なき道を行く、それが日本男児なっし!」と、確かに、修造カレンダーによく似ていた。
当のふなっしーは「松岡修造さんを? あぁ…。日めくりカレンダー…、意識はしてないけど、でも、なんかねぇ…。そこ(松岡さんみたいに)一言入ったってことは、そういう過程はあったと思うなっしー。『売れ筋は何だ』みたいな」と話した。

今日のイベントの話題でしょうか?

LAND店長 兼 しまむらCEO

・メイキング映像

・しまむら店内放送

CEOは、そんな意味だったなしな(笑)

2015100701

船橋市内の保育園へ1人でも多くの保育士の方々に就職してもらえるよう、保育士就職支援パンフレット
「そうだ!ふなばしの保育園で働こうなっしー!!」を発行します。
船橋市の紹介や、船橋市内で働く保育士さんのインタビュー、市内の保育園マップが掲載されていますので
ぜひご覧ください!
今後、県内及び関東近郊の指定保育士養成施設にパンフレット・ポスターを順次発送します。

ぎゃー、リアル!!

梅田でも、サプライズあるといいですね♩

ふなっしー×下総三山の七年祭り奇跡のコラボ
やっと正式告知。゚+.( °∀°)゚+.゚

10/18(日) 14:00〜 子神社で返礼品として
お渡しします‼︎

受付場所 〒274-0073
千葉県船橋市田喜野井3-16-3
子神社前 1口¥3,000-

と、プロフィール欄に書いてました
詳細はHPの発表待ちでしょうか??

おー、おめめとなしー♩

ぜひ!呼んでください(^ ^)♩

11/20発売予定!?

(略)

今作『ふなふな船橋』も、例外ではない。圧倒的な部数を持つ朝日新聞夕刊での連載、そしてこの連載を境目に彼女が「よしもとばなな」から「吉本ばなな」へ再改名したこともあって、私は「いつもと違う感じになるのかな」と思っていた。噂によると、ゆるキャラのふなっしーも登場するらしいし。でも、その予想はいい意味で裏切られた。『ふなふな船橋』は、いつもの吉本さんの小説だった。

(略)

また、この作品では、物語世界と私たちが生きる現実をしっかり結びつけるための帯として、船橋の街とふなっしーが用意されている。都会と田舎の中間で、著名な史跡や観光地があるわけでもない、物語の舞台にはなりにくい街が、主人公の記憶を通してかけがえのない街として描かれるのだ。船橋にはふなっしーがいるけれど、それで船橋が特別なわけではなくて、そういう「妖精」はどの街にもいるように、このお話を読むと思える。

 ちなみに、ふなっしーはこの物語の中では、「梨の妖精」と表現されることが多く、「中に人がいるけど、同時に妖精でもある」という捉え方をされている。ふなっしーをタレントや芸人だと思っている人は読みながらのけぞってしまうかもしれないけれど、「ふなっしーは、うるさいようでも内側はいつも落ち着いていて冷静だから、その部分を見ているとほんとうに落ち着くんです。」(P.44)など、慧眼だなあと思わされるふなっしー評も挟まれ(あくまで花の台詞であるが)、妖精というのもいたって冷静な見方なのだとわかる。

 私は、吉本さんだけでなくふなっしーのことも大好きだ。シビアだけれどどこかに明るさのある物語に、ふなっしーはいい具合に溶け込んでいるように感じた。「ふなっしーと吉本ばなな」という組み合わせを興味本位で覗きたいだけの人も、読めば意外と「魔法」にかかるかもしれない。

エプロン、どんぴしゃ❤️

ニコニコして、幸せな気持ちに、自然になってしまう(^ ^)

感謝なしー♩

 
 
 

10月6日までのふなっしーニュース

 
 
 
 


Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ