Sponsored Link


11月27日のふなっしーニュース(いいふなの日♩)

ふなっしーファンクラブ(非公認の)

ふなこです

 

日々流れ行く

今日のふなっしー関連の

ツイッター情報を

 

リアルタイムで出来るだけ早く、

皆さんにお伝えします。

 

ふなっしーの面白い画像や、

ふなっしーの可愛い画像やイラストなど

ランダムに掲載していきたいと思います

 
よかったら、見てください♪

 

Sponsord Link

 

足長げー 外人さん体系( ̄▽ ̄)

もう、すでにつるっぱげなのでは??(^^;;

ふなのみくすロケ、
北海道の二条市場の様子(^ ^)

明日の朝からまたロケとは、笑神様でしょうか??

京都だったりして(笑)

20151127

くすんだふなっしーに見えなくも(^^;;

プルシェンコさん
この黄色✖️青色の組み合わせ本当にお好きなのか
よくツイッターに載っておられます

朗報♩

おー、これは思いつかなんだ♩

まだ、あるのかしらん・・

こだわって作ってくれてますね♩

なんだか、おちょぼ口なふなっしー♩

ふな様の雄姿が見られる、たくさんのyoutubeが♩

(略)

OZZY OSBOURNE & FRIENDS Headliner

待ちに待った主催者降臨のお時間。やはり主催者で尚且つロック/メタルの歴史に残る偉人の登場だけあって人々の歓声は最高にでかかった。オジー・オズボーン。この人が姿を現せばこの広大な空間もたちまち空気が激変する。
そしてライブがスタート。まずは兼ねてからのガスGらオジーバンドで“I Don’t Know”から演奏。2曲目の“Mr. Crowley”にてFRIENDS枠が登場。最初に参戦しだしたのはRAGE AGAINST THE MACHINEのトム・モレロ。フレンズ演奏者では最も動きが活発で歯でギターを演奏したりする。その際、ギターの裏に“OZZY RULE”と書かれてるところを人々に見せつけていた。それからBLACK SABBATHのギーザー・バトラー、JANE’S ADDICTIONのデイヴ・ナヴァロ、オジーバンドにもいたBLACK LABEL SOCIETYのザック・ワイルドの順に登場。つくづく豪華なラインナップで、へヴィメタルの歴史的名曲たちが演奏されていく。しかし肝心のオジーは・・・致し方ないことだがもろに年齢を感じさせる歌いっぷり。“Iron Man”あたりからはもう見事に音を外しまくっている。そしてプロンプターをガン見。歌うことに関しては一般人のカラオケ状態。BLACK SABBATHはどんどん質が落ちているから来年で終わりにしようと言ってたことを納得してしまった。だが、そういうウィークポイントは自身の眩しいぐらいに放たれているオーラで補えてるのだからまた凄い。それと何べんも行われた放水パフォーマンス。見ていて楽しいものだ。

そしてショウ終盤。“Crazy Train”あたりから例のヤツが登場するのを期待され始めたが、意外にも中々出てこず。そうこうしているうちに“Paranoid”の演奏が始まった。

するとこの曲の途中で遂に例のヤツが降臨!そう、へヴィメタルが大好き、オジー・オズボーンに多大なる影響を受けたゆるキャラ、ふなっしーである。

元気良くヘッドバンギングしてみせるふなっしー。

そこへ「行列の出来る法律相談所」でも見られたようにオジーがふなっしーを目がけて放水。ふなっしーの左半分が真っ白になった。更にふなっしーも体内から放水。リアル梨汁ブシャーだ。

全くもってオズフェス史に残る名場面。これ以上は無いぐらいの盛り上がりでショウを締めくくった

OZZY OSBOURNE & FRIENDS、及びOzzfest Japan 2015。

SYSTEM OF A DOWNの“Toxicity”を帰宅BGMに、人々はにこやかに会場を後にしていった。

嬉しいコメント(^ ^)

お相手は、くま・・(^^;;

郡山市のイメージキャラクター

紅白司会の方も決まり・・

歌手も出揃ったようですが、

その中に名前は梨・・

昨年は出ましたが・・
バナナマンさんと今年も出演期待♩

いや、それも、出られなくてもいい

紅白本番に出られれば♪( ´▽`)

田辺さん、すごい(^ ^)

みむっしー♩

15:50ころより、その話題に

ぷるぷるのつもりが、ヤンキー (^^;;

華やかー♩

グッドアイデア♩

来年真似させてもらおうっと( ̄▽ ̄)

今日は、1127 いいフナの日(^ ^)♩

 
 
 

11月26日までのふなっしーニュース

 
 
 
 


Sponsored Link


サブコンテンツ

このページの先頭へ